2018年02月14日(水)
  
ボン・ジョヴィの「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」、全米1位
ボン・ジョヴィ / 1987年)
ボン・ジョヴィの「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」、全米1位
ボン・ジョヴィの「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が全米シングル・チャートで1位に輝く。前年リリースの『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』からは「禁じられた愛」に続く2曲目のNo.1ヒットで、彼らの人気を決定的にした。マイナー調でいながらキャッチーなメロディ、誰もが歌えるサビ、前向きな歌詞、そしてジョン・ボン・ジョヴィが空を飛ぶ印象的なビデオ・クリップと、すべてが完璧。時代・ジャンルを越えて愛されている超名曲である。
−2007年01月29日作成−
ロブ・トーマスが誕生
ロブ・トーマス / 1972年)
ロブ・トーマスが誕生
マッチボックス・トゥエンティーのシンガーとしても知られるロブ・トーマスが、ドイツの米軍基地にて生まれる。米国南カリフォルニアで育ち、後にフロリダに移住。そこでマッチボックス・トゥエンティーでの活動をスタートさせた。独特のポップ・センスを活かした音楽性は評判を呼び、バンドは瞬く間に人気を獲得。トーマスはソングライターとしてひっぱりダコとなり、サンタナとの共演曲「スムース」の大ヒットはよく知られるところだ。
−2008年01月28日作成−
レベッカが解散を表明
REBECCA / 1991年)
日本のロックシーンの数々の記録を塗り替えたREBECCAが、解散を表明。〈黒い瞳の少女レベッカ〉から名をとった彼らは、84年のデビュー以来精力的に活動。4枚目『REBECCA4〜Maybe tomorrow〜』はロック・バンドとして初めてのミリオンセラーを記録、以後アルバムはすべてチャート初登場1位。また、歌とは直接関係ないが、曲の中に幽霊の声が入っている怪音源のはしりとして彼らの「MOON」はあまりにも有名。“センパイ”と囁く女子の声は、現在ではNOKKOのものと判明しているものの、何度聴いてもゾクっ。
−2001年01月25日作成−
17年前の悪夢を払拭! R.ストーンズ初来日公演
17年前の悪夢を払拭! R.ストーンズ初来日公演
日本中が熱狂したローリングストーンズの初来日コンサートが、東京ドームで行なわれる。'73年に初来日を果たすはずだった彼らを一目見ようと、1回あたり4万5000枚のチケットが飛ぶように売れ、どこの売場でも徹夜組を含む長蛇の列。その闇値もかなりのものであったと言われる。'73年の来日が突如中止になった理由は、ご存じミック・ジャガーの麻薬吸引容疑。当時、中止を知らされたミックは「日本人はサシミでも食ってろっ!」と言ったとか。
−2002年01月28日作成−
ファン投票は1ヶ月で1,000万ヒット! ドリカムのベスト発売
DREAMS COME TRUE / 2000年)
ファン投票は1ヶ月で1,000万ヒット! ドリカムのベスト発売
ドリカムが、ファンのリクエストによって選曲された『DREAMS COME TRUE GREATEST HITS〈THE SOUL〉』を発売。オリコン1位を獲得する。選曲候補は1stアルバム「DREAMS COME TRUE」〜10thアルバム「the Monster」までの全130曲。期間限定のウェブサイトでは、リクエストを行なった1ヶ月に1000万ヒットという驚異的な数字を記録し、不動の人気を裏付けた。ちなみにそれ以前の'97年にも『BEST OF DREAMS COME TRUE』というベスト盤が発売されていた。
−2003年01月27日作成−
『機動戦士ガンダムSEED』「血のバレンタイン」起こる
(宇宙世紀70年)
『機動戦士ガンダムSEED』「血のバレンタイン」起こる
C.E.70年2月14日、『機動戦士ガンダムSEED』の世界を語る上で重要なキーワードを持つ「血のバレンタイン」の惨劇が起こる。地球連合軍の核攻撃によってプラントの農業コロニー「ユニウスセブン」が破壊され、多くの人々が犠牲になった事件のことで、起きた日が2月14日のバレンタインデーであったことから「血のバレンタイン」と呼ばれている。この事件を機に、多くのコーディネーターたちがザフトへ入隊し、開戦の引き金となった。
−2009年01月31日作成−
サンダース軍曹、ヴィック・モロー誕生
ヴィック・モロー / 1932年)
サンダース軍曹、ヴィック・モロー誕生
1932年、俳優のヴィック・モローがニューヨークのブロンクスで生まれる。1955年の傑作『暴力教室』でデビュー後、歴史に残る名テレビ・シリーズ『コンバット!』のサンダース軍曹役に抜擢され、一躍人気者となる。1977年には深作欣二『宇宙からのメッセージ』でも主演を務めている。1982年、映画『トワイライトゾーン/超次元の体験』の撮影中に悲劇の死を遂げたことでも有名。娘は女優のジェニファー・ジェイソン・リー。
−2008年02月10日作成−
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、アメリカのテレビ番組『マイク・ダグラス・ショー』のホストを務める。
ザ・ビートルズ / 1972年)
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、アメリカのテレビ番組『マイク・ダグラス・ショー』のホストを務める。
ジョンとヨーコが14日から18日までの5日間、アメリカのテレビ番組『マイク・ダグラス・ショー』のホストを務めた。各日1〜3曲が演奏され、ゲストにはチャック・ベリーや政治活動家のジェリー・ルビン、黒人解放運動家のボビー・シールなどが迎えられた。ジョンの演奏をバックに日本民謡「さくら」をヨーコが歌ったり、「ジョニー・B・グッド」「メンフィス」などをチャック・ベリーと演奏したりした。番組内では観客を交えてのジョンとヨーコによるアート・パフォーマンスも行われた。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015