[クローズアップアイテム]デスクトップに最適のコンパクト&ハイコストパフォーマンスなアンプ――FX-AUDIO- D302J+

2016/12/26掲載
MyCDJ お気に入りリストに「[クローズアップアイテム]デスクトップに最適のコンパクト&ハイコストパフォーマンスなアンプ――FX-AUDIO- D302J+」を追加/削除する はてなブックマークに追加
FX-AUDIO- D302J+
拡大表示
FX-AUDIO- D302J+
税込7,980円

■出力: 15W + 15W ■アナログ入力: 1系統(RCA) ■デジタル入力: 3系統(USB / 光 / 同軸) ■ヘッドフォン出力: ステレオミニ ■対応フォーマット: USB入力最大 96kHz / 24bit ■外形寸法: 133W x 33H x 108Dmm ■重量: 445g ■カラー: ブラック / シルバー ■ACアダプター: 別売
※お問い合わせ: 螢痢璽好侫薀奪肇献礇僖 nfjapan.com/
デスクトップに最適の
コンパクト&ハイコストパフォーマンスなアンプ
 横幅約13cm、奥行約10cmという文庫本ほどのサイズのフルデジタルプリメインアンプ。D/Aコンバーターも内蔵する。ゆえに、パソコンの脇などにさりげなくセッティングして、ミニマムなデスクトップオーディオシステムが構築できる。
 本機のベースになっているのは、昨年リリースされたD302J。USBからのデジタル信号を受けるD/DコンバーターのチップはVIA社のVT1630を使用。前モデルと同様、96kHz/24bitへのサポートを可能にした。また、アナログ音声入力(RCA)も追加している。さらにフロントパネルのボタンレイアウトもより使いやすく進化。ヘッドフォン用のオペアンプも搭載し、フロントパネル中央にヘッドフォン端子を配置している。
 同軸及び光はD/D変換されたUSBからのデジタル信号を旭化成エレクトロニクス製のデジタルオーディオレシーバー(DIR)AKM4113で(光・同軸入力では192kHz / 24bitをサポート)経由させ、STマイクロ製のフルデジタルアンプIC STA369BWで増幅する。また、電子ボリュームやバナナプラグ対応のスピーカーターミナル、アルミ削り出しボディを採用するなど、ひとくちにコンパクトアンプと片付けられない思想と技術が詰まっている。
拡大表示
カラーはブラック / シルバーの2タイプ。
 試聴は自宅システムにて。PCとUSBケーブルで本機と組み合わせ、スピーカーと接続してみる。試聴に使用したのはリリースされたばかりの中島美嘉のシングル「Forget Me Not」。映画「ボクの妻と結婚してください。」の主題歌で、歌とバンドサウンド、それに美しいストリングスで紡がれている。このCDをリッピングし、パソコンの再生ソフトを使って本機に出力する。まず聴こえてきたのは、ヴォーカルの透明度の高さだ。中域から高域にかけての伸びやかさも十分に感じられる。またピアノには煌めきが付加され、ストリングスも見晴らしが良く、爽やかな音場が立ち上がってきた。
 次に同楽曲をイヤフォンで聴く。もちろんスピーカーでの印象とは変わりがないが、低域により厚みが増したように感じた。ヴォーカルの深みや強弱、ブレスのニュアンスなども素直に描き、リアリティがぐっと高まった。さらに、密閉型のモニター用ヘッドフォンも試したが、音が痩せることもなく、アンプのパワーを存分に感じさせた。余裕をもってドライバーユニットを駆動しているようだ。こうしたクオリティを誇りながら、同社直販サイトでは税込7,980円という衝撃的な価格設定。本機はPCがあればスピーカーを用意するだけで音楽を楽しめるので、これからPCオーディオを始めたい、もしくはコンパクトなセカンドシステムを持ちたいと考える読者には、これ以上の好適な製品はないだろう。
文 / 中林直樹
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム[インタビュー] 今まででいちばん“物語”だけど、いちばん“自分”だと言える 吉澤嘉代子『屋根裏獣』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015