サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ

The Rev Saxophone Quartet   2017/09/08掲載
はてなブックマークに追加
 “トンガっている”という形容は、はたしてクラシック音楽シーンでも通用するものだろうか……と思いつつ、今年の3月にデビュー・コンサートを行なって活動を本格化させたサクソフォン四重奏団「ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット」には、(もちろん鋭敏さばかりを前面に出しているわけではないのだが)やはりこの表現が似合うと思う。ソロ活動にも光が当てられている上野耕平を中心に結成されたこのグループは、サクソフォン四重奏団という伝統的なスタイルを突き詰めながら、既存の認識さえも打破しかねないオリジナリティの追求に余念がない。
――デビュー・コンサートでは、グラズノフデザンクロフローラン・シュミット、リヴィエという4人の作曲家による四重奏曲を演奏しましたが、この4曲を並べるのはサクソフォン四重奏にとって、頂点を突き詰めたプログラムでもあるということでしたね。
上野耕平(ss)「ド直球の決め打ちプログラムと表現してもいいでしょうし、4曲を一気に演奏するという高いハードルを、自分たちに課したコンサートでもありました」
宮越悠貴(as)「プレイヤーとしても挑戦的なことでしたし、サックスを演奏している人には無謀に思われたかもしれません」
上野「僕たちとしては、サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたいですし、そうした意味でも頂点の音楽を最初に提示したかったという意図はありました」
田中奏一朗(brs)「僕はあれをやりきったことで、自分にもこのクヮルテットにもさらに余力や可能性があるなと実感できました」
都築 惇(ts)「このプログラムがお客さんにどう評価されるんだろうと、楽しみと不安とが同居していましたから。終演後にいい意見がもらえて安心しました」
――その後、ミューザ川崎シンフォニーホールでは、バリトン・サクソフォンの四重奏をはじめ、やや実験的なコンサートをしました。
上野「バリトンの四重奏で演奏したのは、マーク・エンゲブレツォンという作曲家の曲ですが、4人が距離をとって演奏し、サラウンド効果も狙ったような音楽ですから、これからも広いホールで演奏する機会があると思います。サクソフォン四重奏は、基本的にソプラノ、アルト、テナー、バリトンという4本で固定されていますが、全員がどの楽器でも演奏できますので、ソプラニーノ四重奏もアレンジ次第で可能です」
宮越「そうした実験的なことをやって、驚いていただいたり楽しんでいただけることが、自分たちの良さかなと思います。それとはべつに、僕はカプースチンの〈8つの演奏会用エチュード〉や〈24の前奏曲〉といった、ジャズのテイストをもつピアノ曲をサクソフォン四重奏に少しずつアレンジしていますが、これもほかのクヮルテットにないレヴだけの魅力になればいいですね」
上野「本当にいい音がするアレンジなんです」
宮越「メンバーそれぞれの音を想定しながら楽譜を書いていますから。上野さんなら難しいパッセージも吹いてもらえるだろうとか、かなり低い音だけど都築君なら大丈夫だろうとか、バリトンだけど奏ちゃんなら音がたくさんあっても上手に吹いてくれるはずだ、とか……」
都築・田中「それはうれしいですね」
上野「で、自分のところにいちばんおいしいメロディを残しておくんでしょう?」
宮越「そこは、特権じゃないですか(笑)」
©shumpei ohsugi
――4人それぞれの音楽的個性なども、クヮルテットとしての演奏や活動に色濃く反映されていくのかなと思えますが、お好きなアーティストや音楽をうかがってもいいですか。
都築「僕は、レ・ヴァン・フランセ(木管五重奏団)の演奏や音の作り方にはいつも感心してしまいますし、その一方でビョークや機械的なサウンドの音楽なども好きです」
田中「僕はジャン=イヴ・フルモーさんというサクソフォン奏者がずっと好きです。あとはヴァイオリニストのヴェンゲーロフT-SQUAREでベースを弾いていた須藤満さんの演奏も、ベースラインを演奏する立場として参考になります」
宮越「僕の場合は小学生の頃から、デイヴィッド・サンボーンがアイドルなんです。フィル・ウッズマイケル・ブレッカーチャーリー・パーカーなど、影響を受けたプレイヤーはたくさんいますね」
上野「僕はカルロス・クライバー、ジャズのベン・ウェブスター、クラシックでのサックスですとアルノ・ボーンカンプというオランダのプレイヤー。それからクイーンも好きですが、あのコーラスを聴いているとサクソフォン四重奏に生かせないかなと思います。今、みんなが挙げたいろいろな音楽は、きっとレヴの音楽作りに生きていると思いますし、自分たちのオリジナル曲やアレンジを増やしていくとき、ヒントになることもたくさんあるでしょう」
 FACEBOOK等のSNSも使い、演奏やメッセージ、ときにはバックステージの楽しい様子も発信している4人。スタイリッシュなヴィジュアルも目を引くが、気になったらその演奏にアクセスを。
取材・文 / オヤマダアツシ(2017年8月)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015