ニュース

エルミタージュ美術館の歴史に迫るドキュメンタリー映画が公開

2017/02/17 19:07掲載
はてなブックマークに追加
エルミタージュ美術館の歴史に迫るドキュメンタリー映画が公開
 フランス・ルーヴル美術館、アメリカ・メトロポリタン美術館と並び“世界三大美術館”と称えられる、ロシア・エルミタージュ美術館。創立から約250年にも及ぶその歴史と実像に触れるドキュメンタリー映画「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」が4月29日(土)より公開されます。

 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ルーベンス、レンブラント、ゴーギャン、ゴッホ、マティスピカソといった名だたる芸術家たちが残した作品をはじめとする300万点にも上る所蔵品、2,000の部屋、そしてそれを管理する膨大な人数の学芸員を有し、年間で366万人以上(2015年)もの入場者が訪れるエルミタージュ美術館。「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」では、そのコレクションを高画質の映像で楽しむことができるほか、背景にある歴史と、関わってきた人々のストーリーを併せて紹介。本編にはミハイル・ピオトロフスキー館長をはじめ、アントニー・ゴームリー(彫刻家)、レム・コールハース(建築家)、美術館の各専門の学芸員、“レニングラード包囲戦”を生き延びた生存者などが出演し、証言しています。

©Copyright 2014 by Foxtrot Films

「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」
4月29日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本・製作: マージー・キンモンス
出演: ピオトロフスキー館長 / 建築家レム・コールハース / 彫刻家アントニー・ゴームリー / トム・コンティ(声の出演)


配給: ファインフィルムズ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015