ニュース

エルミタージュ美術館の歴史に迫るドキュメンタリー映画が公開

2017/02/17 19:07掲載
はてなブックマークに追加
エルミタージュ美術館の歴史に迫るドキュメンタリー映画が公開
 フランス・ルーヴル美術館、アメリカ・メトロポリタン美術館と並び“世界三大美術館”と称えられる、ロシア・エルミタージュ美術館。創立から約250年にも及ぶその歴史と実像に触れるドキュメンタリー映画「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」が4月29日(土)より公開されます。

 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ルーベンス、レンブラント、ゴーギャン、ゴッホ、マティスピカソといった名だたる芸術家たちが残した作品をはじめとする300万点にも上る所蔵品、2,000の部屋、そしてそれを管理する膨大な人数の学芸員を有し、年間で366万人以上(2015年)もの入場者が訪れるエルミタージュ美術館。「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」では、そのコレクションを高画質の映像で楽しむことができるほか、背景にある歴史と、関わってきた人々のストーリーを併せて紹介。本編にはミハイル・ピオトロフスキー館長をはじめ、アントニー・ゴームリー(彫刻家)、レム・コールハース(建築家)、美術館の各専門の学芸員、“レニングラード包囲戦”を生き延びた生存者などが出演し、証言しています。

©Copyright 2014 by Foxtrot Films

「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」
4月29日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本・製作: マージー・キンモンス
出演: ピオトロフスキー館長 / 建築家レム・コールハース / 彫刻家アントニー・ゴームリー / トム・コンティ(声の出演)


配給: ファインフィルムズ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015