ニュース

〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉ジェイコブ・コリアーとムーンチャイルドの出演が決定

2017/05/19 13:32掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉ジェイコブ・コリアーとムーンチャイルドの出演が決定
 ニューヨークのジャズ・フェスティヴァルが形を変えて日本に上陸し、2015年から3年目を迎えた野外フェス〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017〉が、9月23日(土)と24日(日)の2日間、神奈川・横浜 赤レンガパーク野外特設ステージにて開催。出演アーティスト第3弾として、ジェイコブ・コリアー(Jacob Collier)とムーンチャイルド(MOONCHILD)の出演が発表されています。

 ジェイコブ・コリアーは1994年、ロンドン生まれ。“ワンマン・オーケストラ”というべき驚異のパフォーマンスで音楽シーンの未来を拓く重要人物です。超絶的な楽器演奏と“天使の声”と形容されるヴォーカルを最新テクノロジーによって重ねて強烈なグルーヴとハーモニーを構築し、ジャズ、ロック、ファンク、ヒップホップ等、様々なカテゴリーを自在に行き来するサウンドは、クインシー・ジョーンズをも魅了。今年の〈グラミー賞〉では2部門を獲得しています。

 一方、ムーンチャイルドは、南カリフォルニア大学でジャズを学んでいた管楽器奏者の男女3人によって結成された気鋭のトリオ。ジル・スコットディアンジェロキングハイエイタス・カイヨーテらからの影響を公言する彼らは、深く沈むようなビートにエレピのメロウな音色を交えたネオ・ソウルを奏で、紅一点のアンバー・ナヴランの清涼感あふれるヴォーカルで白昼夢のようなまどろみを誘います。その独自のサウンドはスティーヴィー・ワンダーロバート・グラスパーが絶賛するほど。カリフォルニアの山荘で録音された最新作『Voyager』を携えて登場します。

 チケットは5月20日(土)より発売開始。詳しくはオフィシャル・サイトでご確認ください。

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017
bluenotejazzfestival.jp

2017年9月23日(土) / 24日(日)
神奈川 横浜 赤レンガパーク野外特設ステージ
開場 11:00 / 開演 12:00
S指定席 24,000円 / A指定席 16,000円 / スタンディング 11,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015