ニュース

〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉無料ステージで小沼ようすけとU-zhaanがセッション

2017/08/10 14:24掲載
はてなブックマークに追加
〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉無料ステージで小沼ようすけとU-zhaanがセッション
 ニューヨークのジャズ・フェスティヴァルが形を変えて日本に上陸し、2015年の初回から今年で3年目を迎えた野外フェス〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017〉が、9月23日(土)と24日(日)の2日間、神奈川・横浜 赤レンガパーク野外特設ステージにて開催。観覧フリーのステージ“On the Corner”に、ギタリストの小沼ようすけとタブラ奏者、U-zhaanの出演が決定。 スペシャル・セッションを繰り広げます。

 ナチュラルでオーガニックな独自の世界感をギターで表現し、温かな音色と圧倒的なテクニックで日本のジャズ・ギター界のトップ・ランナー、小沼ようすけと、日本を代表するタブラ奏者として、ジャンルを超えた幅広いアーティストと共演し、その独特な音色とメロディで多くの聴衆を魅了するU-zhaan。昨年、「ギター・マガジン」誌の企画から端を発した2人のスペシャル・セッションが、そのクオリティの高さから話題を呼び、神奈川・横浜 Motion Blue Yokohamaにて競演ライヴを実現。2人の世界観とテクニックが融合した圧巻のセッションでファンを熱狂させました。ともにジャンルを超えて活動する彼らならではの貴重なセッションです。

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017
www.bluenotejazzfestival.jp
2017年9月23日(土) / 24日(日)
神奈川 横浜 赤レンガパーク野外特設ステージ
開場 11:00 / 開演 12:00
S指定席 24,000円 / A指定席 16,000円 / スタンディング 11,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015