ニュース

ロシアのソプラノ歌手アイーダ・ガリフッリーナ、〈2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会〉開会式に出演

2018/06/13 13:33掲載
はてなブックマークに追加
ロシアのソプラノ歌手アイーダ・ガリフッリーナ、〈2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会〉開会式に出演
 ロシアの美人ソプラノ歌手アイーダ・ガリフッリーナ(Aida Garifullina)が、現地時間6月14日(木)に行なわれるサッカーの〈2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会〉の開会式で、英国を代表するアーティスト、ロビー・ウィリアムス(Robbie Williams)と一夜限りのデュエットで共演します。そのパフォーマンスに先駆け、ガリフッリーナは3曲入りのデジタル限定シングル「モスクワの夜は更けて」(原題: Midnight in Moscow)を6月13日(水)にデッカ・クラシックスからリリース。

 ガリフッリーナは1987年、ロシアのカザフ生まれ。聖歌隊の指揮者だった母親から音楽を学び、2013年に巨匠指揮者ヴァレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)に招かれマリインスキー劇場のオペラ公演に参加したのち、三大テノールのひとり、プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)の主催する国際オペラ歌手コンクール〈オペラリア〉で優勝。一気にブレイクし、世界的クラシック音楽レーベルの“デッカ・クラシックス”と契約を交わしました。

 オープニング・セレモニーの参加についてガリフッリーナは「〈2018 FIFA ワールドカップ〉は今年もっとも期待されているスポーツ・イベント。そこでロビーと共演できることにわくわくしている。それはとても名誉なこと。私は自分の国を誇りに思うし、大会に相応しい素晴らしいスタートが切れることを願っているわ」とコメントしています。ガリフッリーナのInstagramでは、喜びのコメント動画と、サッカーボールでドリブルに挑戦する動画も公開されています。

 デジタル限定シングル「モスクワの夜は更けて」には、タイトル曲「モスクワの夜は更けて」(Midnight in Moscow)のほか、1960年代のロシアで流行した民謡「優しさ」(Nezhnost)、ロシア・ポピュラー音楽界の重鎮コンポーザー / プロデューサー、イーゴリ・クルトイ(Igor Krutoy)がアイーダのために書き下ろした「ホワイト・バード」の2曲も収録しています。

■2018年6月13日(水)配信
アイーダ・ガリフッリーナ
「モスクワの夜は更けて」(Midnight in Moscow)



[収録曲]
01. モスクワの夜は更けて / Midnight in Moscow - Soloviev-Sedoy
02. 優しさ / Tenderness ‘Nezhnost’ - Pakhmutova
03. ホワイト・バード / White Bird - Krutoy


[演奏]
アイーダ・ガリフッリーナ(S) / ヴィタリー・グヌトフ指揮オシポフ国立ロシア民族オーケストラ(1) / コルネリウス・マイスター指揮ウィーン放送交響楽団(02、03)

[録音]
2015〜2016年
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015