ニュース

映画「ジオストーム」、日本語版主題歌がB’zの新曲「Dinosaur」に決定

B'z   2017/11/14 13:54掲載
はてなブックマークに追加
映画「ジオストーム」、日本語版主題歌がB’zの新曲「Dinosaur」に決定
 2018年1月19日(金)より全国で公開されるディザスタームービー「ジオストーム」の日本語版主題歌がB'zの新曲「Dinosaur」に決定。同楽曲は11月29日(水)にリリースされるB'zの通算20枚目のアルバム『DINOSAUR』に収録されます。

 『インデペンデンス・デイ』や『GODZILLA』などのローランド・エメリッヒ作品の製作で知られる、ディーン・デブリンがメガフォンをとった「ジオストーム」。ジェラルド・バトラーを主演に据え、最新のテクノロジーで天候を制御できる宇宙ステーションがウィルス感染したことで同時多発的に起きる地球災害と、それに立ち向かう人々を描いています。

 「Dinosaur」に関してデブリンは「とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!」とコメントしています。

日本で若いエネルギッシュなファンを魅了するトップアーティストB'zとのコラボレーションをとても楽しみにしています。とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである「ジオストーム」にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!
――ディーン・デブリン

「ジオストーム」
2018年1月19日(金)より全国でロードショー
wwws.warnerbros.co.jp/geostorm

監督: ディーン・デブリン
出演: ジェラルド・バトラー / ジム・スタージェス / アビー・コーニッシュ / アレクサンドラ・マリア・ララ / ダニエル・ウー / エウヘニオ・デルベス / エド・ハリス / アンディ・ガルシア


配給: ワーナー・ブラザース映画
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


■2017年11月29日(水)発売
B'z
『DINOSAUR』

初回限定盤 CD + DVD BMCV-8052 4,500円 + 税
初回限定盤 CD + Blu-ray BMCV-8053 4,500円 + 税
通常盤 CD BMCV-8054 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Dinosaur
02. CHAMP
03. Still Alive
04. ハルカ
05. それでもやっぱり
06. 声明
07. Queen Of The Night
08. SKYROCKET
09. ルーフトップ
10. 弱い男
11. 愛しき幽霊
12. King Of The Street
13. Purple Pink Orange

[限定盤DVD / Blu-ray]
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017
01. さまよえる蒼い弾丸
02. Liar! Liar!
03. さよなら傷だらけの日々よ
04. 有頂天
05. 裸足の女神
06. イチブトゼンブ
07. Still Alive
08. 衝動
09. juice
10. ギリギリchop
11. ultra soul
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015