ニュース

映画「ジオストーム」、日本語版主題歌がB’zの新曲「Dinosaur」に決定

B'z   2017/11/14 13:54掲載
はてなブックマークに追加
映画「ジオストーム」、日本語版主題歌がB’zの新曲「Dinosaur」に決定
 2018年1月19日(金)より全国で公開されるディザスタームービー「ジオストーム」の日本語版主題歌がB'zの新曲「Dinosaur」に決定。同楽曲は11月29日(水)にリリースされるB'zの通算20枚目のアルバム『DINOSAUR』に収録されます。

 『インデペンデンス・デイ』や『GODZILLA』などのローランド・エメリッヒ作品の製作で知られる、ディーン・デブリンがメガフォンをとった「ジオストーム」。ジェラルド・バトラーを主演に据え、最新のテクノロジーで天候を制御できる宇宙ステーションがウィルス感染したことで同時多発的に起きる地球災害と、それに立ち向かう人々を描いています。

 「Dinosaur」に関してデブリンは「とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!」とコメントしています。

日本で若いエネルギッシュなファンを魅了するトップアーティストB'zとのコラボレーションをとても楽しみにしています。とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである「ジオストーム」にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!
――ディーン・デブリン

「ジオストーム」
2018年1月19日(金)より全国でロードショー
wwws.warnerbros.co.jp/geostorm

監督: ディーン・デブリン
出演: ジェラルド・バトラー / ジム・スタージェス / アビー・コーニッシュ / アレクサンドラ・マリア・ララ / ダニエル・ウー / エウヘニオ・デルベス / エド・ハリス / アンディ・ガルシア


配給: ワーナー・ブラザース映画
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


■2017年11月29日(水)発売
B'z
『DINOSAUR』

初回限定盤 CD + DVD BMCV-8052 4,500円 + 税
初回限定盤 CD + Blu-ray BMCV-8053 4,500円 + 税
通常盤 CD BMCV-8054 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Dinosaur
02. CHAMP
03. Still Alive
04. ハルカ
05. それでもやっぱり
06. 声明
07. Queen Of The Night
08. SKYROCKET
09. ルーフトップ
10. 弱い男
11. 愛しき幽霊
12. King Of The Street
13. Purple Pink Orange

[限定盤DVD / Blu-ray]
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017
01. さまよえる蒼い弾丸
02. Liar! Liar!
03. さよなら傷だらけの日々よ
04. 有頂天
05. 裸足の女神
06. イチブトゼンブ
07. Still Alive
08. 衝動
09. juice
10. ギリギリchop
11. ultra soul
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015