ニュース

CHEMISTRY、再始動後初となる全国ツアーの日程が決定

CHEMISTRY   2017/07/14 12:09掲載
はてなブックマークに追加
CHEMISTRY、再始動後初となる全国ツアーの日程が決定
 2017年2月末に再始動の幕開けとなるワンマン・ライヴを開催し、変わらぬ人気ぶりを示したCHEMISTRY。5月26日にZepp Tokyoにて行なわれたファンクラブ・イベント〈ユメノツヅキ〉で明らかになった、約5年半ぶりの全国ツアー〈CHEMISTRY LIVE TOUR 2017-18(仮)〉の日程が決定。2017年12月4日(月)神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センターを皮切りに、翌年3月4日(日)の大阪・オリックス劇場まで全国15公演が行われます。

 堂珍嘉邦は「再始動後初の全国ツアー……やっとみんなに言えました!!お互いソロ活動にも専念したことで生まれた“新しいCHEMISTRY”を、全国に届けたいと思ってますので楽しみにしていて下さい」、川畑 要は「CHEMISTRYとして5年半振りの全国ツアー!再始動後、僕らのLIVEを楽しみに待っていてくれたファンの皆さんに会いに行く、そんなツアーになればなと思っています。ソロを経て成長したCHEMISTRYの音楽を存分に楽しんでもらえるようなLIVEにしたいと思うので是非遊びに来てください」とコメント。再始動後にリニューアルされたファンクラブ・サイト「CHEMISTRY CLUB」にて7月14日(金)15時より先行受付を開始。なお、ツアーの正式タイトルは後日発表となります。

CHEMISTRY LIVE TOUR 2017-18(仮)

2017年12月4日(月)
神奈川 川崎市スポーツ・文化総合センター
開場 18:15 / 開演 19:00

2017年12月5日(火)
東京 中野サンプラザホール
開場 18:15 / 開演 19:00

2017年12月17日(日)
静岡 裾野市民文化センター 大ホール
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年1月7日(日)
埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
開場 16:15 / 開演 17:00

2018年1月8日(月・祝)
愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年1月13日(土)
福岡 福岡国際会議場 メインホール
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年1月15日(月)
京都 ロームシアター京都 メインホール
開場 18:15 / 開演 19:00

2018年1月16日(火)
滋賀 滋賀県立文化産業交流会館
開場 18:00 / 開演 19:00

2018年1月27日(土)
宮城 仙台銀行ホールイズミティ21 (大ホール)
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年2月2日(金)
福島 郡山市民文化センター 大ホール
開場 18:30 / 開演 19:00

2018年2月4日(日)
千葉 君津市民文化ホール 大ホール
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年2月24日(土)
島根 島根県芸術文化センター「グラントワ」 大ホール
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年2月25日(日)
広島 JMSアステールプラザ 大ホール
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年3月3日(土)
兵庫 たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール
開場 16:30 / 開演 17:00

2018年3月4日(日)
大阪 オリックス劇場
開場 16:15 / 開演 17:00
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015