ニュース

映画「ジャスティス・リーグ」のサントラ発売決定 ED「カム・トゥゲザー」も収録

ダニー・エルフマン(DANNY ELFMAN)   2017/11/14 13:39掲載
はてなブックマークに追加
 今月23日(木・祝)に全国公開されるザック・スナイダー監督作「ジャスティス・リーグ」。ベン・アフレックエズラ・ミラーらが出演し、バットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、フラッシュからなる最強チームが地球に迫る脅威に立ち向かう姿が描かれる話題作のサウンドトラック『「ジャスティス・リーグ」オリジナル・サウンドトラック』(SICP-5653〜4 3,000円 + 税)が12月6日(水)に発売されます。

 音楽を担当したのは、『バットマン』『ミッション:インポッシブル』など、多くの作品を手がけてきたダニー・エフルマン。サウンドトラックには、エフルマンによる楽曲のほか、ゲイリー・クラーク・ジュニアジャンキーXLによるエンディング・テーマ「カム・トゥゲザー」や、歌詞がストーリーとシンクロする、ノルウェーの女性シンガー、シグリッドによるレナード・コーエン「エヴリバディ・ノウズ」のカヴァー、ホワイト・ストライプスの「イッキー・サンプ」なども収録されています。また、20ページからなるブックレットには、映画の場面写真が収められています。



©2017 Warner Bros. Entertainment All Rights Reserved.

■2017年12月6日(水)発売
「ジャスティス・リーグ」オリジナル・サウンドトラック
SICP-5653〜4 3,000円 + 税

[DISC 1]
01. エヴリバディ・ノウズ(シグリッド)
02. ジャスティス・リーグ・テーマーロゴ
03. ヒーローズ・テーマ
04. バットマン・オン・ザ・ルーフ
05. エンター・サイボーグ
06. ワンダーウーマン・レスキュー
07. ヒッポクリタズ・アロー
08. ストーリー・オブ・ステッペンウルフ
09. アマゾン・マザー・ボックス
10. サイボーグ・ミーツ・ダイアナ
11. アクアマン・イン・アトランティス
12. ゼン・ゼア・ワー・スリー
13. トンネル・ファイト
14. ワールド・ニーズ・スーパーマン
15. スパーク・オブ・ザ・フラッシュ
16. フレンズ・アンド・フォーズ
17. ジャスティス・リーグ・ユナイテッド
18. ホーム
19. ブルース・アンド・ダイアナ
20. ファイナル・バトル
21. ニュー・ホープ
22. アンタイ・ヒーローズ・テーマ
23. カム・トゥゲザー(ゲイリー・クラーク・ジュニア&ジャンキーXL)
24. イッキー・サンプ(ザ・ホワイト・ストライプス)

[DISC 2]
01. トンネル・ファイト(全曲版ボーナス・トラック)
02. ファイナル・バトル(全曲版ボーナス・トラック)
03. マザー・ロシア(ボーナス・トトラック)

音楽: ダニー・エルフマン
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015