ニュース

“リアル・ソウルの伝道者”エリック・ベネイの来日公演がBLUE NOTE TOKYOでスタート

エリック・ベネイ(Eric Benet)   2017/02/17 19:24掲載
はてなブックマークに追加
“リアル・ソウルの伝道者”エリック・ベネイの来日公演がBLUE NOTE TOKYOでスタート
 ソロ・デビュー20周年を迎えた“リアル・ソウルの伝道者”ことエリック・ベネイ(Eric Benét)の来日公演が2月16日(木)から東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにてスタート。公演初日の様子とメッセージがYouTubeなどで公開されています。

 昨年初のセルフ・タイトル・アルバム『エリック・ベネイ』をリリースしたエリック・ベネイ。姉や従兄弟とのユニット“ベネイ”で活躍後、1996年にソロ・デビュー。ディアンジェロマックスウェルと共にニュー・クラシック・ソウル・ムーヴメントを牽引する存在として脚光を浴び、「サムタイムズ・アイ・クライ」「スペンド・マイ・ライフ・ウィズ・ユー」などが大ヒット。最新作からのシングル・カット「サンシャイン」も、すでに北米のラジオ・R&B エアプレイ・チャートで1位を獲得しています。

 来日公演は、2月18日(土)までBLUE NOTE TOKYO、19日(日)東京・丸の内 COTTON CLUB、20日(月)愛知・名古屋 BLUE NOTEにて開催されます。



Eric Benét
Japan Tour 2017


エリック・ベネイ(vo)
アフトン・ジョンソン(b)
ジョン“スティックス”マクヴィッカー(dr)
ジョナサン・リッチモンド(key, b-vo)


2017年2月16日(木)〜18日(土)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
ミュージックチャージ 9,000円(税込)
JamSession会員先行: 2016年12月18日(日)〜
一般インターネット先行: 2016年12月25日(日)〜
一般電話: 2016年12月28日(水)〜


2017年2月19日(日)
東京 丸の内 COTTON CLUB
ミュージックチャージ 9,000円(税込 / 自由席)
予約受付: 2016年12月24日(土)〜


2017年2月20日(月)
愛知 名古屋 NAGOYA Blue Note
一般 9,000円 / 名古屋ブルーノートメンバーズ 8,550円(税込)
名古屋ブルーノートメンバーズ: 2016年1月5日(木)〜


■2016年10月19日発売
エリック・ベネイ
『エリック・ベネイ』

VICP-65421 2,400 + 税
※歌詞・対訳・解説付

[収録曲]
01. Can’t Tell U Enough
02. Sunshine
03. Insane
04. Cold Trigger
05. Home
06. Holdin On(feat. MC Lyte)
07. Fun & Games
08. Run To Me(feat. Arturo Sandoval)
09. Floating Thru Time
10. Broke Beat & Busted
11. That Day
12. Never Be The Same
13. Sunshine Remix(feat. Tamia) *
* 日本盤CD&iTunesのみのボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015