ニュース

GREENMACHiNEが〈Roadburn Festival 2018〉にて『D.A.M.N.』を再現

GREENMACHiNE   2017/10/12 15:45掲載
はてなブックマークに追加
GREENMACHiNEが〈Roadburn Festival 2018〉にて『D.A.M.N.』を再現
 昨年発表のEP『For The Night And Blood』で本格的なカムバックを果たし、今年3月にはARKANGEL、ES LA GUERILLAのメンバーが在籍する仏ブルータル・ストーナーHANGMAN'S CHAIRとのスプリット作をリリースしている石川・金沢の伝説的“Hardcore Rock”バンドGREENMACHiNEが、2018年4月19日(木)から22日(日)にかけてオランダ・ティルブルフにて開催される世界最大級のへヴィロック・フェスティヴァル〈Roadburn Festival 2018〉に出演決定。

 GREENMACHiNEはフェス3日目の4月21日(土)、Jacob Bannon(aka WEAR YOUR WOUNDS / CONVERGE)によるキュレーション枠で出演。1996年にZero(Co/SS/griNDErZ//)主宰レーベル「Taste」より発表され、1998年にはFrank Kozik主宰「Man's Ruin Records」からのUS発売も果たした傑作デビュー作『D.A.M.N.』の再現パフォーマンスが予定されています。

 なお〈Roadburn Festival 2018〉にはGREENMACHiNE、Jacob Bannon / CONVERGEのほか、Julie Christmas(BATTLE OF MICE, MADE OUT OF BABIES)をフィーチャーしたCULT OF LUNAの『Mariner』セット、Linnéa Olsson(元THE OATH, BEASTMILK〜GRAVE PLEASURES)のソロ・プロジェクトMAGGOT HEART、BONG-RAやIgorrrといったブレイクコア勢、NYインダストリアル・デュオUNIFORM、THAWやWEEDEATERをはじめとする鉄板スラッジなどの出演が決定しています。詳しくはオフィシャル・サイトにてご確認ください。



Roadburn Festival 2018
roadburn.com

2018年4月19日(木)〜22日(日)
Tilburg-Netherlands

[出演]
AERIAL RUIN / ÅRABROT / BELL WITCH / BONG-RA / EX EYE / CONVERGE / CULT OF LUNA and Julie Christmas / FURIA / GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR / GRAVE PLEASURES / GREENMACHiNE / GosT / THE HEADS / HELL / HUGSJÁ / Igorrr / Jacob Bannon / MAGGOT HEART / MIZMOR / OCCVLTA / PANOPTICON / PHUTURE DOOM / SANGRE DE MUERDAGO / SANNHET / SERVANTS OF THE APOCALYPTIC GOAT RAVE / THAW / UNIFORM / WEEDEATER / WREKMEISTER HARMONIES
ほか
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015