ニュース

ILLMARIACHI『THA MASTA BLASTA』の20周年記念盤が登場 ブレイクビーツ集も同時発売

イルマリアッチ   2017/01/11 17:10掲載
はてなブックマークに追加
ILLMARIACHI『THA MASTA BLASTA』の20周年記念盤が登場 ブレイクビーツ集も同時発売
 ラッパーの故TOKONA-Xと、そのクリエイティヴィティをアメリカの名プロデューサーに例えて“尾張名古屋のマーリー・マール”とも呼ばれる刃頭のヒップホップ・ユニット、ILLMARIACHI(イルマリアッチ)。1997年に彼らが発表したデビュー・アルバム『THA MASTA BLASTA』の20周年記念盤が3月2日(木)に発売されます。詳細は未定ながら、秘蔵の未発表音源なども収録予定です。

 また20周年記念盤に合わせ、刃頭のブレイクビーツ集『ILLMARIACHI BEATS(仮)』も同時発売予定。こちらは、ILLMARIACHI時代に制作したビートを中心に、TOKONA-Xのアカペラも用いて刃頭が新たに再構築した作品とのこと。

 刃頭は、DJ YANOMIと結成した“ダブル皿廻しコンビ”ことダンスミュージック・ユニットのOBRIGARRD(オブリガード)として昨年、約5年ぶりとなるフル・アルバム『OBRIGARRDER THEY COME』をリリース。2月26日(日)には、愛知・豊田で行なわれている大衆芸術音楽祭〈橋の下世界音楽祭〉の主催などでも知られるTURTLE ISLANDと競演する〈TURTLE ISLAND × OBRIGARRD「2MAN GIG!!!」〉が愛知・名古屋 CLUB QUATTROで決定しています。

■2017年3月2日(木)発売
ILLMARIACHI
『THE MASTA BLASTA: 20th ANNIVERSARY EDITION』

PCD-28033 2,800円 + 税

■2017年3月2日(木)発売
刃頭
『ILLMARIACHI BEATS(仮)』

PCD-20380 2,000円 + 税

NAGOYA CLUB QUATTRO presents TURTLE ISLAND × OBRIGARRD
2MAN GIG!!! Supported by microAction × Sigma Sounds Studio

2017年2月26日(日)
愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
開場 17:00 / 開演 18:00
先行 2,800円 / 前売 3,300円 / 当日 3,800円(税込 / 整理番号付 / スタンディング / ドリンク別)

[チケット先行発売]
・アーティストオフィシャルHP&SNS: 1月16日(月)18:00まで
l-tike.com/st1/tixob_2mangig
・Quattro Web先行: 1月21日(土)10:00〜23日(月)18:00
・各プレイガイド先行: 1月21日(土)10:00〜23日(月)18:00
※先行は全て2,800円(ドリンク代別途500円)となります。

[チケット一般発売]
1月28日(土)〜
チケットぴあ(0570-02-9999 / P 320-457) / ローソンチケット(0570-084-004 / L 42979) / e+ / 名古屋 CLUB QUATTRO店頭


※お問い合わせ: 名古屋CLUB QUATTRO 052-264-8211
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015