ニュース

ピアニストの小山実稚恵、東京交響楽団ニューイヤーコンサートのソリストとして毎年の共演を発表

小山実稚恵   2017/01/11 14:08掲載
はてなブックマークに追加
ピアニストの小山実稚恵、東京交響楽団ニューイヤーコンサートのソリストとして毎年の共演を発表
 東京交響楽団が、ピアニストの小山実稚恵を同楽団の〈ニューイヤーコンサート〉のソリストとして2018年1月公演以降毎年迎えることを発表しました。発表は1月8日・9日の〈ニューイヤーコンサート 2017〉の舞台上で行なわれ、ショパンのピアノ協奏曲第1番の演奏を終えたばかりの小山自身が、東京交響楽団桂冠指揮者秋山和慶と公益財団法人東京交響楽団専務理事・楽団長大野順二とともに、満員の聴衆に向けて話しました。

 東京交響楽団ニューイヤーコンサートは、1978年から2015年まで故・中村紘子をソリストとして毎年開催されている(1979年は共演せず)特別演奏会。小山は、〈ショパン国際コンクール〉と〈チャイコフスキー国際コンクール〉の世界二大国際コンクールにおいて入賞した唯一の日本人ピアニストとして、人気・実力ともに日本を代表するピアニストです。

 今回の発表で小山は、「このたび、東京交響楽団の伝統あるニューイヤーコンサートに、2018年以降も毎年出演させていただくことになりました。オーケストラからの思いがけないお申し出に驚きつつも、大変光栄に感じております。来年は、私が愛してやまない作品、ラフマニノフの2番の協奏曲を演奏する予定です。年初の晴れやかなコンサートで、音楽の喜びを皆様と共有出来ますことを幸せに思います」とコメントしています。

小山実稚恵(写真右) / 東京交響楽団桂冠指揮者秋山和慶(中央) / 公益財団法人東京交響楽団専務理事楽団長 大野順二(写真左)
2017年1月8日(日)サントリーホール / photo by N. Ikegami


東京交響楽団特別演奏会 ニューイヤーコンサート 2018

・2018年1月6日(土)
埼玉 所沢市民文化センター ミューズアークホール
15:00〜

・2018年1月7日(日)
東京 赤坂 サントリーホール
14:00〜

・2018年1月8日(月・祝)
神奈川 横浜みなとみらいホール
14:00〜

[出演]
秋山和慶指揮東京交響楽団 / 小山実稚恵(p)*

[曲目]
J.シュトラウスII: ワルツ「美しく青きドナウ」
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番*
ドヴォルザーク: 交響曲第9番「新世界より」

[料金]
未定
一般発売: 2017年7月11日(火)〜
※1月6日(土)所沢公演を除く

[お問い合わせ]
ミューズチケットカウンター 04-2998-7777 (1月6日 所沢公演)
TOKYO SYMPHONY チケットセンター 044-520-1511(平日 10:00〜18:00)
東京交響楽団 tokyosymphony.jp
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015