ニュース

レ・ロマネスク、フル・アルバムを発表 Eテレ「お伝と伝じろう」主題歌など初CD化曲収録

レ・ロマネスク   2017/09/13 14:07掲載
はてなブックマークに追加
レ・ロマネスク、フル・アルバムを発表 Eテレ「お伝と伝じろう」主題歌など初CD化曲収録
 フランス・パリで結成された2人組ポップ・デュオ、レ・ロマネスクがフル・アルバム『レ・ロマテラピー』(LRQA-171 2,500円 + 税)を10月14日(土)にリリース。2011〜17年の間に発表したシングルから選んだ代表曲をはじめ、2人が出演しているNHK Eテレ「お伝と伝じろう」の主題歌「伝わレレレ」など初CD化曲を含む全17曲を収録。

 アルバムは初回プレス盤のみ、ARコンテンツが立ち上がるマーカー画像付き(使用期限: 3ヶ月間)の帯付き。画像を無料の専用アプリで読み込むと、レ・ロマネスクからのスペシャル・メッセージ動画が再生され、一緒に自撮り写真を撮ることもできます。

 〈FUJI ROCK FESTIVAL '11〉出演を機に日本へ帰国し活動を行ってきたレ・ロマネスク。尊敬するミュージシャンたちを足して“割らなかった”と自ら語るルックスと同様に、音楽面でも、ありとあらゆるポップ・ミュージックの要素をミックス。心沸き立つ華やかなサウンドに乗せて、闇を抱えて生きる人間の滑稽さを歌っています。

■2017年10月14日(土)発売
レ・ロマネスク
『レ・ロマテラピー』

LRQA-171 2,500円 + 税

[収録曲]
01. ジャメヴュの世界
02. 祝っていた
03. ジュテームのコリーダ
04. 飴と飴
05. カネドヴ
06. シキシキスキーI(中1数学: 等式の性質)
07. KASOCHI
08. 魔の宅配便女
09. 一粒の米
10. 拙者サムライダンディー
11. ムッシュアッシュ
12. シキシキスキーII(中3数学: 乗法公式)
13. 伝わレレレ
14. チキュウノコ
15. ディスコ抹茶
16. YOKOZUNA 2020
17. MIYAのわくわくショッピング(ボーナストラック)


レ・ロマネスク グランドリサイタル2017秋

文化的リサイタル 2017秋 京都
〜文化の日に文化財で愛を叫ぶんか?〜
1stアルバム発売記念&文化庁京都移転記念公演

2017年11月3日(祝)
開場 13:30 / 開演 14:00
京都 紫明会館(登録有形文化財)

[出演]
レ・ロマネスク / 鶴来正基(p)ほか

[料金]
一般前売予約 4,200円 / 当日 4,700円
中学生以下 2,100円(未就学児は膝の上の場合は無料)
※すべてのご入場者に1ドリンク別途かかります(未就学児も)
※全席自由・椅子席(整理番号順のご入場になります)
※満席の場合、当日券は立見のご案内になります

お問合せ: SOLE CAFE 紫明会館コンサート運営係(090-1229-4738)

レ・ロマテラピー
2017年11月18日(土)
東京 上野水上音楽堂(上野恩賜公園野外ステージ)
開場 14:00 / 開演 15:00

[出演]
レ・ロマネスク(TOBI / MIYA)
演奏: 鶴来正基(p) / yoshie*(dr) / KC(synth) / 奥野武範(g / ほぼ日)ほか スペシャル・ゲストあり

[料金]
前売 3,900円 / 当日 4,400円
SS席 5,900円(応援グッズ + サイン入り生写真付きスペシャルシート)
S席 4,900円(応援グッズ付き)
小中学生 1,900円 / 未就学児無料(要保護者同伴)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015