ニュース

イスラエル出身の鬼才チェリスト、マット・ハイモヴィッツの来日公演開催

マット・ハイモヴィッツ(Matt Haimovitz)   2018/05/16 16:06掲載
はてなブックマークに追加
イスラエル出身の鬼才チェリスト、マット・ハイモヴィッツの来日公演開催
 1984年に13歳でズービン・メータ(Zubin Mehta)指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団のソリストとしてデビューし、1988年にジェームズ・レヴァイン(James Levine)指揮シカゴ交響楽団との共演によりドイツ・グラモフォンで録音デビューするなど、ごく若い頃から活躍してきた1970年イスラエル生まれの鬼才チェリスト、マット・ハイモヴィッツ(Matt Haimovitz)が、6月に来日公演を開催。6月8日(金)に東京・小石川 トッパンホールでピアニストの児玉麻里を迎えたリサイタル、6月10日(日)には愛知・名古屋 宗次ホールで無伴奏チェロ・リサイタルを行ないます。

 ハイモヴィッツの東京でのリサイタルは、今回のトッパンホールでの公演が約30年ぶりとなります。これまでに数多くの共演を重ねてきた児玉と奏でる曲目は、ベートーヴェンの「モーツァルトの『魔笛』の〈娘か女か〉の主題による12の変奏曲」「ヘンデルの『ユダス・マカベウス』の〈見よ、勇者は帰る〉の主題による12の変奏曲」に、ドビュッシープーランクのチェロ・ソナタ、ラヴェル / ハイモヴィッツ編の「カディッシュ」(2つのヘブライの歌より)という20世紀のフランス音楽を組み合わせたこだわりの内容です。ベートーヴェンの2作品は、PentatoneレーベルとカナダのOxingale Recordsレーベルとの共同企画“PENTATONE OXINGALE Series”より2015年に発表したアルバム『ベートーヴェン: チェロとピアノのための作品全集』(KKC-5442 4,200円 + 税)に収録されているほか、ドビュッシーやラヴェル、プーランクなどのフランス音楽については、今後の録音が計画されています。

 宗次ホールでの無伴奏チェロ・リサイタルは、“バッハへの序曲”と題されたもの。“PENTATONE OXINGALE Series”より2016年にリリースされた同名のアルバム『バッハへの序曲』(PTC-5186561 オープン価格 / 輸入盤)の収録曲を中心に構成しており、J.S.バッハの「無伴奏チェロ組曲」第1〜4番の前奏曲と第5番の全曲に、フィリップ・グラスの「序曲」やユン・ドゥの「ヴェロニカ」、ヴィジャイ・アイヤーの「ラン」、ロベルト・シエラの「ラ・メモリア」、デイヴィッド・サンフォードの「エス・ヴァー」といった現代の作品を組み合わせています。これらの現代の作品はハイモヴィッツの委嘱作品で、J.S.バッハのチェロ組曲の各前奏曲からインスピレーションを受けた作曲家が、各曲の序曲として作曲したものです。

©Steph Mackinnon

マット・ハイモヴィッツ(チェロ)& 児玉麻里(ピアノ)

2018年6月8日(金)
19:00〜
東京 小石川 トッパンホール
y-m-a.com/201

[曲目]
ベートーヴェン: モーツァルトの『魔笛』の主題による12の変奏曲
ラヴェル / ハイモヴィッツ編: カディッシュ(2つのヘブライの歌より)
ドビュッシー: チェロ・ソナタ
ベートーヴェン: ヘンデルの『ユダス・マカベウス』の主題による12の変奏曲
プーランク: チェロ・ソナタ


[出演]
マット・ハイモヴィッツ(vc) / 児玉麻里(p)

[チケット]
6,000円 / 学生3,500円(税込 / 全席指定)

バッハへの序曲 マット・ハイモヴィッツ
無伴奏チェロリサイタル


2018年6月10日(日)
17:00〜
愛知 名古屋 宗次ホール
munetsuguhall.com/calendar2/201806.php

[曲目]
フィリップ・グラス: 序曲
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第1番の前奏曲
ユン・ドゥ: ヴェロニカ(The Veronica)
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第2番の前奏曲
ヴィジャイ・アイヤー: ラン(Run)
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第3番の前奏曲
ロベルト・シエラ: ラ・メモリア(La Memoria)
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第4番の前奏曲
デイヴィッド・サンフォード: エス・ヴァー(Es war)
J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲第5番(全曲)


[出演]
マット・ハイモヴィッツ(vc)

[チケット]
指定席 3,500円(税込)
※学生券 2,100円、チャリティーシート 3,850円、ハーフ60 2,100円(各税込)は、宗次ホールチケットセンターでのみ販売。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015