ニュース

ミュートイド・マン、単独ヘッドライン・ショウの開催が決定

ミュートイド・マン(MUTOID MAN)   2017/12/08 12:21掲載
はてなブックマークに追加
ミュートイド・マン、単独ヘッドライン・ショウの開催が決定
 2018年1月に開催される〈leave them all behind 2018〉出演のためスリープと共に来日する、スティーヴン・ブロッズキー(ケイヴ・イン)とベン・コラー(コンヴァージ, オール・ピッグズ・マスト・ダイ)が結成したパワー・トリオ、ミュートイド・マン(MUTOID MAN)が、1月14日(日)東京・新代田 Feverにて単独ヘッドライン・ショウを開催します。サポート・アクトはENDONDISGUNDERの2組。

 同公演は、1月13日に東京・下北沢 Gardenで開催されるミュートイド・マン唯一の東京公演だった〈leave them all behind 2018〉のソールド・アウトを受けて決定したもの。結成からわずか4年で3枚のアルバムを発表。今年6月リリースのアルバム『ウォー・モウンズ』に参加したマーティ・フリードマンが「クッソかっこいい!」と激賞する、ヘヴィなサウンドにポップなメロディをまとったユニークな音楽が楽しめること必至です。

leave them all behind 2018 extra
one-off headline show MUTOID MAN with ENDON, DISGUNDER


2017年1月14日(日)
東京 新代田Fever
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: Fever 03-6304-7899
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015