ニュース

エドワード・バンカーの犯罪小説を実写映画化、ニコラス・ケイジ主演「ドッグ・イート・ドッグ」公開

ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)   2017/04/21 13:24掲載
はてなブックマークに追加
エドワード・バンカーの犯罪小説を実写映画化、ニコラス・ケイジ主演「ドッグ・イート・ドッグ」公開
 裏社会を舞台にしたリアルな描写で知られる、作家エドワード・バンカーのクライム・サスペンス小説をニコラス・ケイジ主演で実写映画化した「ドッグ・イート・ドッグ」(R18+)が6月17日(土)より日本公開。オフィシャル・サイト(dogeatdog-movie.com)では予告編が公開されています。

 長年の刑務所勤めを終え、シャバに出てきたトロイは、ムショ仲間だったコカイン中毒のマット・ドッグ、巨漢のディーゼルと再会。お先真っ暗な人生とサヨナラしたい3人は、イカれた地元ギャングの首領から、ある仕事の依頼を受ける――。アメリカはオハイオ州・クリーブランドの裏社会を舞台に、“喰うか、喰われるか(DOG EAT DOG)”の状況を描いた息詰まるストーリーが展開される「ドッグ・イート・ドッグ」。監督は、『タクシードライバー』や『レイジング・ブル』の脚本を手掛け、本作では自身も俳優としてキーパーソンとなるギャングの首領を演じているポール・シュレイダー。キャストは、主人公“トロイ”役を務めるニコラス・ケイジをはじめ、ウィレム・デフォー(『プラトーン』)、クリストファー・マシュー・クック(『ウォーキング・デッド』)など。


©2015 BLUE BUDGIE DED PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

「ドッグ・イート・ドッグ」
※R18+作品
2017年6月17日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

出演: ニコラス・ケイジ / ウィレム・デフォー / クリストファー・マシュー・クック / オマール・ドーシー / ポール・シュレイダー

監督: ポール・シュレイダー
脚色: マシュー・ワイルダー
制作総指揮: バーニー・バーマン / ジェフ・キャパートン / レイモンド・マスフィールド ほか
制作: ブライアン・ベックマン / ゲイリー・ハミルトン / デヴィッド・ヒラリー
撮影: アレクサンダー・ダイナン
原作: エドワード・バンカー「ドッグ・イート・ドッグ」(早川書房 / ハヤカワ文庫NV)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015