ニュース

ニコラス・ケイジ主演、映画「オレの獲物はビンラディン」日本公開決定

ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)   2017/08/10 14:19掲載
はてなブックマークに追加
ニコラス・ケイジ主演、映画「オレの獲物はビンラディン」日本公開決定
 ニコラス・ケイジが主演、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズが監督を務めた映画「俺の獲物はビンラディン」が12月16日(土)より東京・シネマート新宿ほか全国で公開。

 本作は、米同時多発テロ事件の首謀者とされる、ウサマ・ビンラディンの誘拐を企てたためにパキスタン当局に拘束された愛国心溢れる中年アメリカ人男性“ゲイリー・フォークナー”の実話を映画化。ケイジが“パキスタンに行って、ビン・ラディンを捕まえろ”という神からの啓示に従い、日本刀を武器にヨットで単身パキスタンに向かう主人公“ゲイリー”を演じているほか、イギリスのコメディアン、ラッセル・ブランドレイン・ウィルソンが出演しています。

 なお本作は、9月15日(金)から開催される第10回〈したまちコメディ映画祭in台東〉の特別招待作品に選出されており、9月17日(日)に東京・上野 不忍池水上音楽堂にて開催される映画祭内企画〈ニコケイまつりinしたコメ〉で先行上映されます。詳しくは映画祭オフィシャル・サイトにてご確認ください。

「オレの獲物はビンラディン」
2017年12月16日より東京・シネマート新宿ほか全国で公開
www.transformer.co.jp/m/finding-binladen

[あらすじ]
コロラド州の片田舎。アメリカをこよなく愛する中年男のゲイリーは、米同時多発テロの首謀者とされるテロリスト、オサマ・ビンラディンの居場所を政府がいつまでも見つけられないことに業を煮やしていた。ある時、日課である人工透析の最中にゲイリーは神から「パキスタンに行って、ビンラディンを捕まえろ!」という啓示を受ける。この国を救えるのは、俺しかいないと使命感に燃え、ゲイリーは任務遂行を目指して奔走。資金調達のためにラスベガスに飛び、入国手段のヨットを探し、武器には日本刀を調達。あらゆる波乱を乗り越えてようやく辿り着いたパキスタン。ところが、彼を待ち受けていたのは、意外にもフレンドリーな現地の人々で――

監督: ラリー・チャールズ
脚本: スコット・ロスマン / ラジヴ・ジョセフ
出演: ニコラス・ケイジ / ラッセル・ブランド / ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ / レイン・ウィルソン

配給:トランスフォーマー
©2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved


ニコケイまつりinしたコメ
www.shitacome.jp/2017/program/program_finding-binladen.html
2017年9月17日(日)
東京 浅草公会堂
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 1,500円 / 当日 1,800円(全席自由席)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015