ニュース

ニコラス・ケイジ主演、映画「オレの獲物はビンラディン」日本公開決定

ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)   2017/08/10 14:19掲載
はてなブックマークに追加
ニコラス・ケイジ主演、映画「オレの獲物はビンラディン」日本公開決定
 ニコラス・ケイジが主演、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズが監督を務めた映画「俺の獲物はビンラディン」が12月16日(土)より東京・シネマート新宿ほか全国で公開。

 本作は、米同時多発テロ事件の首謀者とされる、ウサマ・ビンラディンの誘拐を企てたためにパキスタン当局に拘束された愛国心溢れる中年アメリカ人男性“ゲイリー・フォークナー”の実話を映画化。ケイジが“パキスタンに行って、ビン・ラディンを捕まえろ”という神からの啓示に従い、日本刀を武器にヨットで単身パキスタンに向かう主人公“ゲイリー”を演じているほか、イギリスのコメディアン、ラッセル・ブランドレイン・ウィルソンが出演しています。

 なお本作は、9月15日(金)から開催される第10回〈したまちコメディ映画祭in台東〉の特別招待作品に選出されており、9月17日(日)に東京・上野 不忍池水上音楽堂にて開催される映画祭内企画〈ニコケイまつりinしたコメ〉で先行上映されます。詳しくは映画祭オフィシャル・サイトにてご確認ください。

「オレの獲物はビンラディン」
2017年12月16日より東京・シネマート新宿ほか全国で公開
www.transformer.co.jp/m/finding-binladen

[あらすじ]
コロラド州の片田舎。アメリカをこよなく愛する中年男のゲイリーは、米同時多発テロの首謀者とされるテロリスト、オサマ・ビンラディンの居場所を政府がいつまでも見つけられないことに業を煮やしていた。ある時、日課である人工透析の最中にゲイリーは神から「パキスタンに行って、ビンラディンを捕まえろ!」という啓示を受ける。この国を救えるのは、俺しかいないと使命感に燃え、ゲイリーは任務遂行を目指して奔走。資金調達のためにラスベガスに飛び、入国手段のヨットを探し、武器には日本刀を調達。あらゆる波乱を乗り越えてようやく辿り着いたパキスタン。ところが、彼を待ち受けていたのは、意外にもフレンドリーな現地の人々で――

監督: ラリー・チャールズ
脚本: スコット・ロスマン / ラジヴ・ジョセフ
出演: ニコラス・ケイジ / ラッセル・ブランド / ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ / レイン・ウィルソン

配給:トランスフォーマー
©2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved


ニコケイまつりinしたコメ
www.shitacome.jp/2017/program/program_finding-binladen.html
2017年9月17日(日)
東京 浅草公会堂
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 1,500円 / 当日 1,800円(全席自由席)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015