ニュース

リッカルド・ムーティ&ウィーン・フィル、2016年の〈ザルツブルク音楽祭〉ライヴ録音を発売

リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)   2017/12/07 12:47掲載
はてなブックマークに追加
 リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、ムーティが75歳を迎えた2016年の〈ザルツブルク音楽祭〉における公演を収めたアルバム『ブルックナー: 交響曲第2番、R.シュトラウス: 組曲「町人貴族」』(UCCG-1784〜5 3,500円 + 税)を12月6日(水)にリリース。

 本公演は、ムーティが75歳を迎えたことに加え、ウィーン・フィルのコンサートマスターを45年務めたライナー・キュッヒル(Rainer Küchl)にとって、同オケを率いる最後の公演となった記念すべきライヴ。さらに2017年、創立175周年を迎えたウィーン・フィルの記念年を祝うアルバムでもあります。曲目は、1873年と1920年に作曲家自身がウィーン・フィルを振って初演した、ドイツ・オーストリア音楽の2つの傑作。R.シュトラウスの組曲「町人貴族」では、ゲルハルト・オピッツ(Gerhard Oppitz)がピアノ・パートを担当しています。

■2017年12月6日(水)発売
ブルックナー: 交響曲第2番、R.シュトラウス: 組曲「町人貴族」
UCCG-1784〜5 3,500円 + 税

[disc 1]
ブルックナー:
01. 交響曲第2番ハ短調 WAB 102(ノーヴァク版)

[disc 2]
R.シュトラウス
01. 組曲「町人貴族」op.60

[演奏]
リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 / ゲルハルト・オピッツ(p, CD2)

[録音]
2016年8月15日 ザルツブルク 祝祭大劇場
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015