ニュース

さだまさし出演、文化放送で特番「永縁 さだまさし〜永六輔を語る」放送

さだまさし   2017/01/11 15:42掲載
はてなブックマークに追加
さだまさし出演、文化放送で特番「永縁 さだまさし〜永六輔を語る」放送
 文化放送(AM1134 / FM91.6)では1月18日(水)21:00より、1時間の特別番組「永縁(えいえん)さだまさし〜永六輔を語る 笑って泣いて考えて、そして歌って」を放送。パーソナリティは、シンガー・ソングライターであり小説家のさだまさしが務め、敬愛する故・永 六輔についてたっぷり語ります。

 昨年11月に、「夢であいましょう」「見上げてごらん夜の星を」「上を向いて歩こう」など永 六輔が詞を手がけた楽曲を歌ったカヴァー・アルバム『永縁〜さだまさし 永六輔を歌う〜』をリリースし、遺された作品について「自身の楽曲のルーツ」と言葉を寄せているさだまさし。今回の特番では寺島尚正(文化放送アナウンサー)を相手に、アルバム収録曲なども流しながらトークを進行。

 永との思い出についてさだは、「僕のことを(作家の)宮崎康平さんから紹介されて、落語家になりたい青年だと思ってた。歌を歌うってこと全然無視してましたね」「〈精霊流し〉がヒットしたら、やっと“歌手だったのね”って(笑)」と振り返り、また同名のテーマ曲で知られ、永も出演した旅番組「遠くへ行きたい」についても、「エポックでしたね。永さんが行った土地を旅したくて、一人旅をよくしましたね。郡上踊り行きたいな、とか」「永さんが訪ね歩くっていう……僕も最後はそこへ行きたいと思っています。『遠くへ行きたい』、自分でやりたいな」と語っています。

「永縁(えいえん)さだまさし〜永六輔を語る 笑って泣いて考えて、そして歌って」
2017年1月18日(水)
文化放送(AM1134 / FM91.6)
21:00〜22:00
出演: さだまさし / 寺島尚正(文化放送アナウンサー)

■2016年11月9日(水)発売
さだまさし
永縁〜さだまさし 永六輔を歌う〜

FRCA-1274 2,778円 + 税

[収録曲]
01. 夢であいましょう
02. 女ひとり
03. 帰ろかな
04. 故郷のように
05. 黄昏のビギン
06. 芽ばえて、そして
07. おさななじみ
08. ふ
09. 娘よ
10. ウェディング・ドレス
11. 見上げてごらん夜の星を
12. 上を向いて歩こう
13. 遠くへ行きたい
14. 生きるものの歌
15. 夢であいましょう
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015