ニュース

“中国版ランボー”「戦狼 / ウルフ・オブ・ウォー」2018年1月より全国拡大ロードショー

ウー・ジン(Wu Jing)   2017/12/07 12:24掲載
はてなブックマークに追加
“中国版ランボー”「戦狼 / ウルフ・オブ・ウォー」2018年1月より全国拡大ロードショー
 10月に東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋にて開催された〈のむコレ〉で上映され、“中国版ランボー”と話題を呼んだミリタリー・アクション映画「戦狼 / ウルフ・オブ・ウォー」が、2018年1月12日(金)より東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国で拡大ロードショー。封切に先駆けて予告編が公開されています。

 本作は映画『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』(2014年)の続編。内戦が勃発したアフリカのとある地を舞台に、アフリカで第2の人生を送ろうとしていた元特殊部隊“戦狼”の隊員“レン・フォン”が、内戦下に取り残された仲間や民間人を救出していく姿を描いています。一度は母国に帰国するも、正義のため再び戦地に身を投じる“レン・フォン”を、前作同様ウー・ジンが演じているほか、フランク・グリロ、セリーナ・ジェイドらが出演。ウー・ジンは主演に加え、監督・脚本・製作総指揮も務めています。

 公開された予告編では、ジャッキー・チェンが「自分のみならず、ジェット・リーの後継者」と高く評価するウー・ジンが華麗なアクションを披露。老兵と武器マニアの御曹司という仲間2人と1万人の反乱軍に立ち向かっていく様子が収められています。



「戦狼 / ウルフ・オブ・ウォー」
2018年1月12日(金)より東京 TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国でロードショー
senrou-movie.jp

[あらすじ]
アフリカ、マダガスカル海域。一人の男が、海賊に襲われた貨物船を救出した。男の名はレン。元特殊部隊「戦狼」の精鋭だ。とある事件から軍籍を剥奪されたレンは、反政府勢力に殺害された恋人のロンの敵を討つべく、この地に渡っていたのだ。しかし、その最中、反乱が勃発。命からがら護衛艦に避難したレンだが、戦闘地域に民間人が取り残されているという話を耳にし、レンは単独、戦地に舞い戻る――

監督・脚本・製作総指揮: ウー・ジン
脚本: クン・ドン
出演: ウー・ジン / フランク・グリロ / セリーナ・ジェイド / ウー・ガン / チャン・ハン / ユー・ナン


配給: KADOKAWA
©Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015